Now Loading...

患者と患者の家族の方へ

患者と患者の家族の方へ

患者と患者の家族の方へ

このページは、患者の皆様やご家族の方々に、ハイゼントラについての正しい理解と、重大な副作用の早期からの発見に役立てていただくために作成されました。ハイゼントラの使用による副作用が生じたと考えられる場合には、ただちに医師または薬剤師にご連絡ください。

ハイゼントラについて教えて

このお薬は、血漿分画製剤のうち、人免疫グロブリン製剤と呼ばれるグループに属する注射薬です。

販売名ハイゼントラ20%
皮下注1g/5mL
ハイゼントラ20%
皮下注2g/10mL
ハイゼントラ20%
皮下注4g/20mL
性状外観は淡黄色又は淡褐色の澄明な液剤。保管中にわずかな混濁や少量の粒子が認められる場合がある。
形状ハイゼントラ20%皮下注1g/5mL
キャップの色は赤色
ハイゼントラ20%皮下注2g/10mL
キャップの色は赤色
ハイゼントラ20%皮下注4g/20mL
キャップの色は赤色
お薬には規格が3種類あります。

ハイゼントラは、無または低γグロブリン血症の方に処方されます。不足している抗体(免疫グロブリン)を補うことにより、細菌やウイルスから体を守ろうとする免疫系の働きを高めます。

安全性について教えて

製造時には、感染症(かんせんしょう)の発生を防止するための安全対策を行っています。しかし、人の血液を原料としており、血液中に既に存在するウイルスなどに対する不活化処理などには限界があるため、この薬を使うことによって感染症が発症する危険性を完全に排除できません。
治療にあたって患者さんとそのご家族は、この薬の必要性と感染症の危険性について十分に理解できるまで医師から説明を受けるようにしてください。

もしも、以下の症状に気づいたら、医師などに相談しましょう。

部位自覚症状
全身からだがだるい、ふらつき、発熱、からだのむくみ、疲れやすい
顔面考えがまとまらない、意識の低下、頭痛
眼と口唇のまわりのはれ、白目が黄色くなる、眼がはれぼったい
口や喉眼と口唇のまわりのはれ、しゃがれ声、吐き気、嘔吐、血を吐く、歯ぐきの出血
胸部息切れ、息苦しい、動悸(どうき)、胸の痛み、胸をしめつけられる感じ、
胸を強く押さえつけた感じ、横になるより座っている時に呼吸が楽になる、吐き気
腹部吐き気、激しい腹痛、腹がはる、食欲不振
手・足足の激しい痛み
皮膚じんましん、かゆみ、皮膚が黄色くなる、あおあざができる、皮下出血
尿尿が黄色い、尿が褐色になる、尿がでない、尿量が減る
その他判断力の低下、出血、知覚のまひ、出血が止まりにくい

僕・私にも使えるの?

こんな経験のある人には使うことが出来ません

  • 過去にハイゼントラ20%皮下注に含まれる成分でショックを経験したことがある人
  • 高プロリン血症と診断された人

次の人は、使用する前に医師または薬剤師に相談が必要です。

  • 過去にハイゼントラ20%皮下注に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
  • IgA欠損症と診断された人
  • 血栓塞栓症の可能性の高い人
  • 溶血性貧血あるいは失血性貧血と診断された人
  • 免疫不全、または、免疫系の働きを抑える薬を服用している人
  • 高齢の人

1回の使用量や投与方法などは、症状や体重などにあわせて、医師が決めます。
ハイゼントラは1kgあたり、0.25~1mL使用します。
注射部位1か所あたり25mLを超えない量で医師が決めますが、治療を受ける疾患や症状により適宜増減することがあります。必ず医師から指示された投与方法に従ってください。

治療はどこで受けるの?

病院で適切な在宅自己注射教育を受けた患者さんまたはご家族の方は、ハイゼントラをご自宅で自己注射できます。自己判断で使用を中止したり、量を加減したりせず、医師の指示に従ってください。

使う時に気を付けることはある?

ハイゼントラでは注射に適した部位、使用量、投与速度があります。

部位

注射に適した部位
お腹、太もも、腕、腰まわりが注射部位に適しているとされています。その際に腕の内側・脇の下への注射は避けてください。どの注射部位が自分に適しているかは、主治医から指導を受けてください。複数の箇所に注射する場合は、少なくとも5cm離して使用してください。

使用量・投与速度
1回の使用量や投与方法などは、症状や体重などにあわせて、医師が決めます。
投与は速度が調節できる注射器具(シリンジポンプなど)を用いて医師に指示された速度で注射します。

記録は大切
ハイゼントラ20%皮下注を使用した場合、箱に記載のある製造番号を、患者日誌の所定の場所に記入してください。

具体的な使い方を教え!

イラスト
イラスト

1. 薬の準備

①薬の箱を冷蔵庫(光に当たらない状態で2~25℃で保存)から出す。
少なくとも注入開始の2〜3時間前に冷蔵庫から取り出してください。
②常温になるまで待つ
箱に入れたまま平らな場所に置き、常温(15~25℃)になるまで待ちます。
季節や気温により、常温になるまでの時間は異なります。

2. 事前準備

①トイレに行く
注入には30分から1時間かかりますので、トイレは事前に済ませておきましょう。
②作業する場所を確保・消毒する
カウンターやテーブルなど、作業しやすい場所を選んでください。
始める前に薬の注入に関係のない物は片づけてください。
作業する場所を、消毒用アルコール綿で中心から外側に向かって円を描くように、きれいに拭いてください。

3. 必要なものを並べる

落としたり、シリンジの準備や針の挿入に失敗して、やり直しが必要になった場合は、必ず予備を使用してください。※1日2ヶ所以上投与する場合は、注入セットを必要数用意してください。

4. 手洗い

抗菌石鹸、または病院スタッフがすすめる洗浄剤を使って手をきれいに洗います。

5. バイアルの確認

バイアルを箱から出し、チェックポイントを確認します。

6. シリンジの準備

①バイアルが常温(15〜25℃ )になっていることを確かめた上で、使うバイアルの保護キャップを外します。
②バイアルのストッパー上部を、消毒用アルコール綿で丁寧に拭き、完全に乾くまでそのまま放置してください。

★清潔を保つための重要ポイント
バイアルのゴム栓部分やツートックのシリンジとの接続部そしてフィルター部、内側の針には直接触らないで下さい。

③ツートックをバイアルに取りつけます。

④ツートックにシリンジを取りつけます。

⑤バイアルをまっすぐ逆さにします。内筒をゆっくりと引いて、バイアルの中にはいっている液体をシリンジに抜き取ります。この際、泡が見られます。

⑥注入量の薬を準備したら、ツートックからシリンジを取り外してください。

⑦廃棄の際、ツートックはバイアルから取り外し、廃棄用空ビンに捨てます。

7. プライミング

①薬を入れたシリンジに翼状針を取りつけます。短い翼状針の場合、輸液チューブを接続します。

②薬を入れたシリンジに翼状針を取りつけたら、シリンジの内筒をゆっくり押して、チューブから針先まで薬を満たしてください。

8. 注射部位の消毒

消毒用アルコール綿で注射部位を消毒してください。部位の中心から円を描くように外側に向かって拭いて消毒し、完全に乾かしてください。

9. 針の挿入

①翼状針の網目のあるほうを持ち、針についているキャップを外します。
②皮膚をつまみ、45°から90°の角度を目安に翼状針を一気に刺してください。針の注射角度については主治医の指示に従ってください。

③シリンジの内筒をゆっくりと引いて、チューブへ血液の逆流がないか確認してください。

④皮下へ針を挿入できたら、翼状針の下に脱脂綿又はアルコール綿を敷き(図A)、その上から細めのテープを斜めに貼りつけて翼状針と脱脂綿又はアルコール綿がずれないように固定してください(図B)。

⑤チューブをたるませた状態にし、サージカルテープで体のどこか1ヶ所に固定してください。

10. ポンプのセットと薬の注入

ポンプのセットと薬の注入については、ポンプ説明書をご覧ください。

11. 針の取り外し

①ポンプ停止後10秒ほど時間をおいて、サージカルテープを注射部位から外し、翼状針をゆっくりと抜きます。
②注射部位から出血がないことを確かめた後、ばんそうこうで保護します。軽い出血があるときは、出血が止まるまで消毒用アルコール綿でおさえてください。

12. 針の廃棄

翼状針をシリンジからゆっくりと外し、キャップをつけずに廃棄用空きビンに直ちに入れます。

13. 2ヶ所目に注射する場合

新しい注入セットでステップ6からもう一度行ってください。2ヶ所目は1回目に注入を行った場所から5cm以上離れた場所に注射してください。

14. 片づけ

注入に使用した物は、次のように片づけてください。
シリンジ、その他使用済みの物
廃棄用ビニール袋に入れてください。
バイアル
製造番号を確認後、箱に入れ、廃棄用ビニール袋に入れてください。

ツートック、翼状針
キャップをつけずに廃棄用空きビンに入れてください。
ビニール袋と空きビンにいれたものがある程度まとまったら、かかりつけの医療機関に持っていってください。
医療機関や自治体により廃棄方法が異なる場合があります。

ポンプ
ポンプの片づけについては別冊のポンプ説明書をご覧ください。

15. 患者日誌の記入

①使用した場合は記載の製造番号を、患者日誌の所定の場所に記入してください。
②患者日誌に注入の記録を付けてください。

関連記事


TOP